号外「フィッシング・フリーク」
北日本の釣り専門フリーマガジン「月刊フィッシング・フリーク」の補完ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丸洋丸さんのスルメイカ釣りに心酔



さすがに「スルメイカを釣らせたら仙台湾イチ」といわれる丸洋丸さん。昨晩は「これ以上はない」というほど中身が濃い時間を過ごし、船長の釣技を拝見させていただきました。なにしろ昨夕5時過ぎに出港し、帰港したのは今朝4時ちょっと前。若船長いわく「釣れているときに帰るというのも野暮だから、別段これが珍しいわけではない」のだとか。帰着後、船を洗って釣果情報を更新し、帰宅するのは6時というケースもあるというから恐るべきタフネス振り。

さて、正確にカウントしていないのですが、トップの釣果は150尾ほどいっているのではないでしょうか。特に日が変わってからは一度に4ハイ、5ハイというペースで上がっていたので数は伸びていると思われます。
ただ、まだ同寸が20センチ前後の個体ですから、小さなアタリやちょっとした違和感を拾い、アワセてイカヅノに乗せる技術が問われるところ。若船長の解説付きで試釣させていただきましたが、「(イカヅノに)乗る」というよりは「乗せる」という感じ。スルメイカ釣りもこだわれば奥が深いようです。

それから釣りたてのマアジの刺身&卵のあぶり(しょうが醤油仕立て)とスルメイカの刺身(肝醤油風味)ご飯をいただきましたが、これがまた絶品!! 釣りに、料理に大活躍の若船長でありました。

釣って良し、食べて良しのスルメイカ釣り。今年は夏の仙台湾にはじまり、年明けの三陸沿岸まで存分に堪能したいと思います。おっと、その前に丸洋丸・宮田船長に「イカ釣り教室」でも開催していただき、かたちだけでも格好をつけるのが先かな(笑)

スポンサーサイト
スイッチ・オン  


やっと群れがまとまり出した模様。やや小振りながら反応は良好。置きザオにも乗って来るほど。
ポイントを絞り込み中  


魚群探知器の反応をみながらポイントを絞り込み中。イカリを下ろして、いよいよ本気モードか? 周囲が薄暗くなってきました
釣り場へGo!  


ただいまポイントに向けて丸洋丸、移動中。どうやら本命のスルメイカだけではなく、うれしいゲストも期待できそうな気配
待望のスルメイカ  
今週末のスルメイカ釣り本格稼働に向けて、今夜は丸洋丸さんの調査釣行に同船です。シーズンを占う試し釣り。果たして感触はいかがなものでしょうか
「テツギョ」の水換えで気分転換

大方の取材を終え、いよいよ次号の「月刊フィッシング・フリーク」の編集モードに突入です。
本当なら天候に恵まれた週末を有効に活用し、ボートでのシーバス釣りや渓流のトラウト類、日本海の親アオリイカ、アジングなどをフォローしておくべきだったのですが、不覚にも中だるみしてしまった次第。オフでもなく、オンでもなくといった、しまらない休日を過ごしてしまいました。気持ちの切り替えをしにくいのが事務所兼自宅の悪いところなんですよねぇ。

そこで本日は仕事部屋の掃除と4月から我が家にやってきた「テツギョ」の水換えで気分転換。
「テツギョ」とは、もともと加美町の魚取沼(ゆとりぬま)に生息する、国の天然記念物に指定されている魚。姿形はフナに似ていてヒレが長いことから突然変異説や金魚との交雑種との説もあるが、その素性は謎らしい。もちろん、野生種の捕獲は禁止されているので、我が家にやってきたのは天然記念物に指定される以前に捕獲され繁殖したもの。わりと飼育が簡単だというのでブリーダーさんから分けてもらった一年魚なのです。

少々、緑がかった水が気がかりだったのですが、これでひと安心。心おきなく原稿が進む(?)というものです。

本日の蔵王丸さん

頼まれていた写真の焼き付けが終わったので、蔵王丸さんの帰港時間を見計らって閖上港に行ってきました。
本日は会社の釣りクラブによる貸し切りだったとのこと。若船長によると「先日行われた大会のような好調期はひと段落した」とのことでしたが、検量をみているとなんのなんの。マコガレイとイシガレイ混じりとはいえ、トップ・ウエイトは11㎏台。これは誰がみても上出来でしょう。

週末の仙台湾は大きな天気の崩れもなさそうなので、なかなか面白い釣りができるのではないでしょうか。

次はどこに行こうかな…

すでにマガレイ、マコガレイ、イワシ五目にアジビシ、イワナと次号の誌面を埋めて余りあるテーマ素材を確保。今月は遅れ気味のスケジュールを挽回できそうなペースで進行しています(どちらかといえば誌面に収まりきれない可能性大。電子版が充実しそうな気配)。

とはいえ海川とも良い時期。このまま編集モードに入るのもストレスをため込むところ。松島周辺のシーバス、日本海のアジング、アオリイカのエギング、解禁を迎えたばかりの秋田のサクラマスの動向も気がかりです。来月になればアユ釣りが解禁となり、一気に東北の釣りシーンが賑やかになるはず。

この週末は先取り取材も含めてスケジュールの調整をすることになりそうです。

今後の展開に期待させる、仙台湾のアジ・ビシ


遊漁時間の延長、燃油の高等なんのその。仙台湾の北部エリアから相馬沖までのピンスポットを果敢に撃ち続けた第一海友丸・?戸船長の熱意が通じたのか、最後の最後に今後の成り行きを期待させるマアジのラッシュに遭遇。乗り合わせた15名の釣り人すべてが型をみるとはいかなかったようですが、それでも船中30尾超の良型マアジと数多くのクロメバル、ウスメバルをものにして意気揚々と帰港しました。ワンチャンスをものにしたという点では、昨晩の楽天-中日戦に通じるものがあったようにも思えます。いずれにしても昨晩は旨い酒にありつくことができました。

取材中は常連の腕利き、Sさんの釣りを拝見していたのですが、さすがに場数を踏んでいるだけあって駆け引きが奥深い。特に喧騒(アタリ)、沈黙、喧騒、沈黙と、私のカウントでは3セットほどの波が訪れたラッシュ時の手返しとアタリバリの選択は勉強になりました。詳細は次号の「月刊フィッシング・フリーク」で触れたいと思いますが、「食いが立っているときにいかに獲るか」がマアジのビシ釣りでは大事なようです。

余談になりますが、この時期のマアジは卵や白子を抱いていて、それが珍味なのだとか。昨日はSさんから初物を頂戴したので帰りしなに丸洋丸さんに立ち寄り、隆洋若船長に捌いていただき舌鼓(写真)。釣技と温泉、食のうんちくでは仲間から一目置かれる若船長の包丁捌きはこれまた勉強になりました。

ちなみに第一海友丸さんのアジ・ビシ釣りは、すでに土日の予約が入り始めている状態とか。これからの時期は午後船で狙うことも可能とのことなので、釣り終わりのサンセットクルーズを兼ねた釣行も良いのでは。

_________________________________________________________________________________
電子(PDF)版「月刊フィッシング・フリーク6月号(最新号)」ただいま無料配信中です。
http://www.megaupload.com/?d=0R0ICYTF からダウンロードください。

再延長決定…!!  
第一波が行き過ぎ、ただいま第二波襲来の気配。もちろん、瀬戸船長は無粋なマネはしません。14時半まで再延長決定です
逆転ホームラン!!  


ここが最後と宣言したポイントで、ついに本命の良型マアジが降臨!! 仕掛け投入間もなくアタリが出始め、早くも船中二ケタを通過。良波は継続中。果たしてどこまで数を伸ばせるか?
メバル天国…  


本命不在ながら大小、赤黒織り交ぜてメバルは相変わらず好調。時間を延長しましたが、ラスト一カ所を探って納竿になりそうです。
メバル王国、いまだ強大なり  


何度か移動を繰り返し、エリアは水深60メートル目前。それでもなおメバル王国は強大。無風、ベタ凪の仙台湾に、なにかきっかけがほしいところです。
待たれる本命  


水深30メートル台後半から流し、3度目の移動で50メートル台に突入。ここまでは大小のクロメバルが場を完全に支配。本命、マアジの登場が待たれるところです。
現地到着  


ただいま現地(ポイント)に到着。皆さん釣り支度の最中です。海はベタ凪、風そよそよ、曇天。あまり視界は良くないので、金華山や海岸線は確認できません。写真的には青空がほしいところです
出船準備中  


今朝のまがき港は、お客さんの出足上々。平日ながら駐車場の車は二列ほど。岸壁にもポツポツ。アジビシ釣行の第一海友丸さんも満席です
急遽、明日も取材です

吉浜湾での取材中に塩釜の第一海友丸・?戸船長から電話が入り、急遽、明日の出船に同行させていただくことにしました。
お目当ては以前から打診していたマアジのビシ釣り。周囲からはやや遅れ気味との話を聞いていたのですが、?戸船長はそれらしい姿を確認した模様。果たしてシーズンの幕開けを告げる、良型アジの姿を拝むことが叶うのか?

余力があれば撮影の合間にライブレポートしますので覗いてみてください。

吉浜湾、ヒラメ五目釣りのまとめ

無事に吉浜湾での取材を終え、先ほど仙台に戻ってきました。

結果的に菅原さんが取り込んだヒラメは6枚。うち43センチの個体、2枚をキープしました。
9時ごろと読んだ時合いが10時過ぎに訪れ、そこでバタバタッと枚数が揃ったという感じです。
船中では二桁のヒラメと良型のアイナメ、ヒガレイが上がっていました。いつもながら期待を裏切らない吉浜湾のクオリティーには感心させられます。

お世話になった満福丸さんは午後から船のメンテナンス。いよいよ週末からは夜ヒラメも始めるとのこと。お時間が許す方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。ちなみに私はもう少し時期が熟してから、夕方ヒラメ+夜スルメイカのプランでお邪魔したいと考えています。

それから余談になりますが、途中で湾口付近で根周り五目に移行したとき、ある試みをしてみました。これについてはもう少し完成度を高め、次号の月刊フィッシング・フリークで紹介する予定です。

菅原さん、6枚目  


気を吐く菅原さん、つい先ほどのダブルに続く6枚目。43センチながらアタリはなかなかのもの
菅原さん、2枚目  


何度目かのポイント移動で、やっと好感触。菅原さんもリリースサイズに続いて43センチをゲットです。時間はまだまだ。目指せサイズアップ!!
そろそろ時合いか?  


朝方の小一時間ほどヒラメを試し、先ほどまで湾の外でアイナメやソイを狙っていました。そこで根魚の引き味を楽しんで、再び湾奥にUターン。このところ9時過ぎからがヒラメの好タイムなのだとか。アタリはあるようなので期待できそうな気配
スタート・フィッシング  


港を出てから3分、早くも臨戦態勢。ポイントが近いのも吉浜湾の魅力。船長の話では、今のところ69センチがシーズントップ。目指せ記録更新。そうそう今日はカレイ釣りの名手、菅原正さんが特別参戦です
高まる期待感  


吉浜湾は穏やかな朝を迎えております。出船は5時の予定ですが、どうやら一番乗り。撮影機材の準備をしている最中も期待は高まるばかり。この時間がたまりません
これから吉浜湾(大船渡市)へ向かいます

上向き加減の仙台湾を離れ、これから大船渡市の吉浜湾に向かいます。

お目当てはシーズン序盤の、満福丸さんのイワシ五目&根周り五目の予定。土曜日の日中11時頃、出船中の船長に電話を入れてみたところ「60センチ級を頭に船中10枚突破」との報。「それでは…」と久々の岩手行きを決めた次第。三陸らしい大らかな釣りを堪能したいところです。

電波の具合をみて、携帯電話からライブレポートを入れる予定なので、お手すきのときにのぞいてみてください。

「マガレイバトル」戦評と本日の様子


さて、「2010仙台湾マガレイ・バトル」の戦評です。

---------------------------------------------------------------------------------------------
■「名手・鎌田秀幸さん、会心の二連覇」

 昨年は14.66㎏という驚異的なトップスコアに沸いた同大会。だが、お世辞にも本調子とはいえない今期の仕上がり具合を考えると、7、8㎏台でも上々ではないかとの下馬評も聞かれた。2本バリ限定、18センチ以上の個体のみによる総重量勝負は、やや重いレギュレーションだったようだ。
 そんな空気を一蹴したのは、昨年の大会をダントツのウエイトで制した鎌田秀幸さんである。12.95㎏を持ち込んでの見事な二連覇。船上では持ち前の「速い手返し」は大人しめの印象だったが、総じて良型に恵まれた蔵王丸にあって、着実にアタリをハリ掛かりに持ち込んだ結果と思われる。

■「蔵王丸、圧倒…!! 圧巻の上位独占」
 大会に先がけて下見に余念がない蔵王丸の若船長だったが、週初めはまだ絞り込めてはいない様子だった。それでも昨年の優勝船のプライドか、本戦には絶好のステージを用意してきた。若船長いわく「サイズも、アタリの数も少々ダウンした…」とのこと。それでも常に2、3名がサオを曲げているという状態は、間違いなく今期最良の取材。
 結果的には上位10名までを独占…!! お見事としか言いようがない。

■「トーナメントを席巻した子供と女性」
 蔵王丸の好調ぶりは船中のアベレージを大幅に引き上げた。これは年齢、性別の枠を超えてのこと。9.77㎏を持ち込んで総合4位の須藤久美子さん、9.35㎏で6位の桜本涼太くん(9歳)はレディース、ジュニアの特別表彰枠を必要としない存在感を示している。この大会は勝敗に固執しない温和な雰囲気が好評だが、それにしてもベテラン勢をうならせる女性、子供の登場はこれからの「釣り」の明るい材料を与えてくれた。

※詳報は今月末発刊の「月刊フィッシング・フリーク7月号」をご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------
ちなみに写真は蔵王丸さん、本日の途中経過です。どうやら仙台湾のマガレイは覚醒モードに入りつつある模様。私も時間を工面して一夜干し用のマガレイを調達に行きたいと思います。

「仙台湾マガレイ・バトル2010」速報!!

昨日、名取市閖上港を会場に「仙台湾マガレイ・バトル2010」が開催。盛況のうちに幕を閉じました。

船上からライブ速報を試みたのですが、ホスト側に不具合があったようで携帯電話でサイトを開けないという通報をいただきました。そのため見合わせた次第です。

おかげさまで昨夕には復旧した模様。戦評は後ほどアップするとして、まずは上位陣の結果を報告します。

---------------------------------------------------------------------
■仙台湾マガレイバトル2010 大会結果(参加者:100名、天候:晴天・凪)

優勝  鎌田 秀幸 (蔵王丸) 12.95kg
準優勝 伊藤 育男 (蔵王丸) 11.30kg
3位  桜本 博  (蔵王丸) 10.14kg
4位  須藤 久美子(蔵王丸) 9.77kg
5位  佐々木 弘 (蔵王丸) 9.44kg
6位  桜本 涼太 (蔵王丸) 9.35kg
7位  伊藤 正志 (蔵王丸) 8.95kg
8位  三瓶 孝太郎(蔵王丸) 8.91kg
9位  永井 辰男 (蔵王丸) 8.85kg
10位  内海 宗夫 (蔵王丸) 8.45kg

※以上、敬称略
_________________________________________________________________________________
電子(PDF)版「月刊フィッシング・フリーク6月号(最新号)」ただいま無料配信中です。
http://www.megaupload.com/?d=0R0ICYTF でダウンロードください。

面白い展開になりそう  


「仙台湾マガレイバトル」ただいま開催中。蔵王丸さんは寄り付きから絶えず誰かがサオを曲げている状態。不調が囁かれていたマガレイでしたが、スコアはまとまりそうな気配。楽しみです
明日は「第2回 仙台湾マガレイ・バトル」IN 名取市・閖上港に行きます

どうやら明日、6月6日は仙台湾のカレイ釣り大会が3カ所で開催されるのだとか。聞けば、それぞれが100名を超える盛況ぶり。ここにきてもやや湿りがちの仙台湾ですが、ファンの熱気で盛り上げてほしいものです。

さて、私は後援の関係もあって閖上の「仙台湾マガレイ・バトル」に行きます。早朝、受付のタープを張り、実釣中は蔵王丸さんで撮影の予定。会場周辺をカメラ片手にウロウロしているのでお気軽にお声掛けください。

週中、帰港したばかりの蔵王丸・若船長を直撃したところ、船中40?90枚台とのことでした。乗船率が高く、大会という独特な雰囲気のなかでどこまでスコアを伸ばせるかが見物。明日も余裕があるようでしたら、船上からブログを更新します。


_______________________________________________________________________________
電子(PDF)版「月刊フィッシング・フリーク6月号」ただいま無料配信中です。
http://www.megaupload.com/?d=0R0ICYTF でダウンロードください。

電子版「月刊フィッシング・フリーク最新号(無料)」配信開始です
FF037


お待たせしました。本日、電子版「月刊フィッシング・フリーク6月号(最新号)」の配信準備が整いましたのでお知らせします。

今回はやっと電子版化のメリットを活かし、ページ構成を変えて少しだけ内容を掘り下げてみました。もちろん、すべて書き下ろしです。
庄内磯のクロダイ釣りをテーマとする「14時間の伏線」がそれ。冊子版の巻頭見開きに、電子版の6頁を加えた8頁構成をお楽しみください。

冊子版は宮城・岩手をはじめとする東北各県の釣具店、理髪店などで好評配布中。
冊子版を入手困難な方は以下の方法でPDFファイルをダウンロードのうえご覧ください。

---------------------------------------------------------
■■■「月刊フィッシング・フリークVol.037_2010.6月号」のダウンロード方法 ■■■
●まず以下のファイル配信サービス(MEGAUPLOAD=メガアップロード)の本誌専用ダウンロードアドレスにアクセスしてください。なお、このアドレスは毎号変わります。
Fishing Freak No.037
●画面の指示に従い、右上の欄に指定される4文字の英数記号を入力し、「ファイルのダウンロード」ボタンをクリックしてください。
●切り替わった画面の右側、タイマー表示が消え「無料ダウンロード」ボタンが現れたら、それをクリックしてください。ダウンロードが始まります。
●ダウンロードが完了したら、PDFファイルを読み込めるアプリケーションでコンテンツをお楽しみください。
----------------------------------------------------------

※上記ダウンロード用アドレスは毎号変わります。定期的に最新号の発刊案内をご希望の方は、タイトルに「PDF版」と記して本メールアドレスまで空メールをご送信ください。毎発行ごとにご案内のメールを差し上げます。
電子版「月刊フィッシング・フリーク(無料)最新号」配信スタート!!


お待たせしました。本日、電子版「月刊フィッシング・フリーク6月号(最新号)」の配信準備が整いましたのでお知らせします。

今回はやっと電子版化のメリットを活かし、ページ構成を変えて少しだけ内容を掘り下げてみました。もちろん、すべて書き下ろしです。庄内磯のクロダイ釣りをテーマとする「14時間の伏線」がそれ。冊子版の巻頭見開きに、電子版の6頁を加えた8頁構成をお楽しみください。

冊子版は宮城・岩手をはじめとする東北各県の釣具店、理髪店などで好評配布中。
冊子版を入手困難な方は以下の方法でPDFファイルをダウンロードのうえご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■■■「月刊フィッシング・フリークVol.037_2010.6月号」のダウンロード方法 ■■■
●まず以下のファイル配信サービス(MEGAUPLOAD=メガアップロード)の本誌専用ダウンロードアドレスにアクセスしてください。なお、このアドレスは毎号変わります。
<a href="http://www.megaupload.com/?d=0R0ICYTF" target="_blank">Fishing Freak No.037</a>
●画面の指示に従い、右上の欄に指定される4文字の英数記号を入力し、「ファイルのダウンロード」ボタンをクリックしてください。
●切り替わった画面の右側、タイマー表示が消え「無料ダウンロード」ボタンが現れたら、それをクリックしてください。ダウンロードが始まります。
●ダウンロードが完了したら、PDFファイルを読み込めるアプリケーションでコンテンツをお楽しみください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※上記ダウンロード用アドレスは毎号変わります。定期的に最新号の発刊案内をご希望の方は、タイトルに「PDF版」と記して本メールアドレスまで空メールをご送信ください。毎発行ごとにご案内のメールを差し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。