号外「フィッシング・フリーク」
北日本の釣り専門フリーマガジン「月刊フィッシング・フリーク」の補完ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
報知アユ釣り選手権、いよいよ大詰め  


今朝の飛騨川公園は、過ごしやすい曇り空。あと1時間後には昨日、3回戦を勝ち上がった8選手によるバトル再燃。個人的な見どころは本命・小澤剛選手の仕上がりと、燻し銀の精彩を放つ大金洋行選手の熟練技。そして、東北勢から勝ち上がった小山渓一選手の勢いと可能性。ここからはマッチプレーになるので、勝負どころの駆け引きにも注目したいところ。「報知アユ釣り選手権オーナーカップ」は本日も熱くなりそうです
スポンサーサイト
波乱の1回戦終了  


1回戦が終わり、集計結果アップ中。勝ち上がりは42選手とのこと。波乱の展開。まさかの敗退を喫するビッグネームも…
間もなく一回戦スタート  


開会式を終え、これから2時間半の闘いが始まります。晴天無風、早くも暑くなりそう
飛騨川公園の朝  


益田川は穏やかな朝を迎えています。ただいま「報知アユ釣り選手権オーナーカップ」の受付が始まりした。
一般参加歓迎 8月9日の取材  
8月9日はトライアスロンさながらの取材を敢行!! 朝は蔵王丸さん(名取市ゆりあげ漁港)にカレイ釣りの名手・永井辰男さんと菅原正さんを迎えての実釣取材。夕方からは丸洋丸さん(塩釜市新浜港)で「イカ釣り教室」の取材を予定しています。いずれもオープン参加歓迎
お時間が許す方は各船宿さんにお問い合わせください。
急遽…  


明日、明後日に益田川(岐阜県下呂市)で開催される「報知アユ釣り選手権・オーナーカップ 決勝大会」の取材に出かけることになりました。現在、山形県飯豊町「道の駅・いいで」で小休止中。早くも全開モードのアブラゼミが大合唱。今日も暑い一日になりそうです。仙台から約600?の長丁場を意識して移動時間には余裕をみていますが、慢性時差ボケ気味の体。どこで電池切れになることやら。まあ、それも全国屈指の、名手のライブを拝見できると思えば易いもの。もちろん、明日は予選から試合の模様を本ブログにアップします。お時間が許す方はのぞいてみてください。
「月刊Fishing Freak(フィッシング・フリーク) VOL.039_電子版」配信開始です


お待たせしました。本日、電子版「月刊フィッシング・フリーク7月号(最新号)」の配信準備が整いましたのでお知らせします。


冊子版は宮城・岩手をはじめとする東北各県の釣具店、理髪店などで好評配布中。
冊子版を入手困難な方は以下の方法でPDFファイルをダウンロードのうえご覧ください。

---------------------------------------------------------
■■■「月刊フィッシング・フリークVol.039_2010.8月号」のダウンロード方法 ■■■
●まず以下のファイル配信サービス(MEGAUPLOAD=メガアップロード)の本誌専用ダウンロードアドレスにアクセスしてください。なお、このアドレスは毎号変わります。
<a href="http://www.megaupload.com/?d=94GMQCAS" target="_blank">Fishing Freak No.039</a>
●画面の指示に従い、右上の欄に指定される4文字の英数記号を入力し、「ファイルのダウンロード」ボタンをクリックしてください。
●切り替わった画面の右側、タイマー表示が消え「無料ダウンロード」ボタンが現れたら、それをクリックしてください。ダウンロードが始まります。
●ダウンロードが完了したら、PDFファイルを読み込めるアプリケーションでコンテンツをお楽しみください。
----------------------------------------------------------

※上記ダウンロード用アドレスは毎号変わります。定期的に最新号の発刊案内をご希望の方は、タイトルに「PDF版」と記して本メールアドレスまで空メールをご送信ください。毎発行ごとにご案内のメールを差し上げます。

2010サンラインカップ鮎 小国川大会結果


ハイレベルかつ僅差のスコアで競われた決勝戦は2位、3位が早掛けサドンデスに突入。4位から8位までがジャンケンによる順位付けという展開で幕を閉じました。

入賞者は以下の通り(敬称略)

<2010サンラインカップ鮎 小国川大会結果>
優勝  渡辺 忠一(岩手県)20尾
準優勝 野尻 達也(山形県)19尾
3位  沓澤 伸 (山形県)19尾
4位  工藤 康弘(秋田県)16尾
5位  加藤 欽也(山形県)16尾
6位  五十嵐 義彦(山形県)16尾
6位  佐藤 清次(山形県)16尾
6位  高橋 敦 (山形県)16尾
9位  山口 雅司(栃木県)15尾
9位  伊藤 徳雄(宮城県)15尾
9位  日下 均 (宮城県)15尾

予選通過スコア  
Aブロックのトップは20尾。13尾以上で勝ち上がり。Bブロックはトップが18尾。14尾以上勝ち上がり。決勝は27選手で競われます
間もなく予選検量  


およそ120名の参加者が集ったサンラインカップ鮎・小国川。間もなく10時には予選終了。A、B各ブロックとも10位タイまでが決勝戦進出。果たして結果は?
小国川なう  


今日は「サンラインカップ鮎・小国川大会」の取材。ただいま受付中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。