号外「フィッシング・フリーク」
北日本の釣り専門フリーマガジン「月刊フィッシング・フリーク」の補完ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の週末、かげった心に薄日が射したような…

 色々あって仕事も、プライベートもテンション激下がりの週末。おまけにしとしと降り続く雨で、気は滅入るばかり。ちょうど仕事に区切りがついたので、気分転換というわけでもありませんが県南のショップさんへ出かけてみました。
 メインの用件は予てより創刊を計画していた「有料電子版 隔月刊フィッシング・フリーク」の出版計画見直しの説明。早くから定期ご購読のお申込を頂戴しており、また以前から物心面で支えていただいた経緯もあってハンドルを握った次第。安易な棚上げに対するお叱りを覚悟しながら、ご購読代金をお返ししようと考えたのですが、「購読料は寄付と考えて良いから、これからも頑張るように」とかえって励まされて帰路につきました。

 正直、近ごろは自問自答することもあります。なにより自身が釣り好きで、縁の深い東北の自然環境で魚と遊ぶことの楽しさ、素晴らしさを伝えたいと考えて始めた生業(ボランティアではありません)。けれども誰が喜んでいるのか。家族や支援者を犠牲にしてはいないか、と自問自答する機会が増えたような気もします。
 報道はどうあれ、低空飛行が身にしみる景況感のなか、同時期に発刊した大手のフリーメディアはことごとく討ち死にしていきました。企業が身を削ぎ、骨を削る状況で広告宣伝費を捻出することは容易ではない時代です。「ビジネスモデルとしてのフリーメディアの役目は終わった」といわれるなかで、本誌はどうあるべきなのか。少なからぬ紙媒体へのニーズと反響を感じつつ、電子版やブログの可能性を探るこの頃です。
「月刊フィッシング・フリーク」も次号で4周年目に突入。国政ではありませんが、真剣に成長戦略を考えるべき時がきているのかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishingfreak55.blog16.fc2.com/tb.php/100-8761f7ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。