号外「フィッシング・フリーク」
北日本の釣り専門フリーマガジン「月刊フィッシング・フリーク」の補完ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
庄内のクロダイ取材、まとめ


 一年ぶりのクロダイ取材は、かなりシビレる展開で幕を閉じました。
 昨夕最後の更新をした17時40分の時点で、正直、私は「今日ばかりは佐々木(夫)さんも、ツキに見放されたな」と諦めムード。仲間内で2枚のクロダイをモノにしていたこともあって、頭の中では予定稿の書き換え作業を始めていた次第。

 すでに陽は傾き、動的なものを自然光で撮影するには厳しい状況。いわば日没までのわずかな時間は、消化試合の色合いが濃厚だったわけです。それでも何らかの感触をつかんでいたのか、手返しのペースを早めてひたすら集中する佐々木さんに水を差すわけにはいきません。カメラを携えた一本の杭にできるのは、ただ本人が納得できる終末を待ち続けることだけです。

 しかし、タイムリミットが迫った18時5分、またしても「取材の神様」が降臨。ちょうど、その2、3分前に別のグループのファイトシーンを撮影していたところ、後方から聞こえ歓喜の声に振り返ると、まさしく佐々木さんのサオが湾曲している真っ最中。そこから石畳の上を全力で走り、なんとか取り込みに間に合ったという顛末。ウネリや風、波の運はパッとしない最近の取材ですが、まだ魚運は残っていたようです。

 ちなみに今回の取材、朝3時半の待ち合わせから18時半近くまでに撮影したのは655カット。5月末配布の「月刊フィッシング・フリーク Vol.037」は厳選素材で誌面を構成できル見込み。ご期待ください。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishingfreak55.blog16.fc2.com/tb.php/103-36386804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。