号外「フィッシング・フリーク」
北日本の釣り専門フリーマガジン「月刊フィッシング・フリーク」の補完ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志津川から庄内へ


 結果的に、昨日は菅原正さんのカレイ類5枚が船中トップ。「『コツッ! 』というアタリは出ない。わずかでもサオ先に重みが乗るような、違和感を感じたらアワセる感じ」。冬場から早春に匹敵する、シブイ釣りだった様子。
 先日の降雨による濁り、ウネリと波、風は、傍目にも釣りにくい状況。加えて「半月遅れ」といわれ、イマイチ活性が上がらないカレイのコンディションも相まって、昨年の同時期とは比較できないほど厳しい印象を受けました。もっとも風はともかく、連休中は概ね晴天が続くようなので、調子をあげてくる可能性も否定はできません。いずれ季節の端境期、状況変化の経過をじっくりと観察したいところです。

 さて、明日は庄内でクロダイ釣りの取材。すでにゲストの佐々木ご夫妻は現地入りし、サオを出しているはず(写真は昨年同時期の取材カット)。天気予報によると雨の心配はなさそう。風も明日のほうがいくぶん和らぐ見込みなので、今夕から仙台-東根-寒河江-月山越え-酒田・鶴岡ルートで堅苔沢に向かう予定です。
 時間的に余裕があれば、東根市の「バスプロショップ・タック!」さんに寄り、「道の駅・にしかわ」に隣接する温泉でのんびりというコースもアリかな。
 まあ、明日も電波が許すならライブ・レポートをしますので、アソビにおいでください。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishingfreak55.blog16.fc2.com/tb.php/115-c4c3e148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。