号外「フィッシング・フリーク」
北日本の釣り専門フリーマガジン「月刊フィッシング・フリーク」の補完ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丸洋丸さんのスルメイカ釣りに心酔



さすがに「スルメイカを釣らせたら仙台湾イチ」といわれる丸洋丸さん。昨晩は「これ以上はない」というほど中身が濃い時間を過ごし、船長の釣技を拝見させていただきました。なにしろ昨夕5時過ぎに出港し、帰港したのは今朝4時ちょっと前。若船長いわく「釣れているときに帰るというのも野暮だから、別段これが珍しいわけではない」のだとか。帰着後、船を洗って釣果情報を更新し、帰宅するのは6時というケースもあるというから恐るべきタフネス振り。

さて、正確にカウントしていないのですが、トップの釣果は150尾ほどいっているのではないでしょうか。特に日が変わってからは一度に4ハイ、5ハイというペースで上がっていたので数は伸びていると思われます。
ただ、まだ同寸が20センチ前後の個体ですから、小さなアタリやちょっとした違和感を拾い、アワセてイカヅノに乗せる技術が問われるところ。若船長の解説付きで試釣させていただきましたが、「(イカヅノに)乗る」というよりは「乗せる」という感じ。スルメイカ釣りもこだわれば奥が深いようです。

それから釣りたてのマアジの刺身&卵のあぶり(しょうが醤油仕立て)とスルメイカの刺身(肝醤油風味)ご飯をいただきましたが、これがまた絶品!! 釣りに、料理に大活躍の若船長でありました。

釣って良し、食べて良しのスルメイカ釣り。今年は夏の仙台湾にはじまり、年明けの三陸沿岸まで存分に堪能したいと思います。おっと、その前に丸洋丸・宮田船長に「イカ釣り教室」でも開催していただき、かたちだけでも格好をつけるのが先かな(笑)

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fishingfreak55.blog16.fc2.com/tb.php/55-97b1a2f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。